So-net無料ブログ作成

ニンニクばら照りのニラとろろ丼

2013年8月5日の「はなまるマーケット」は、スタミナ丼選手権と言う事で『ニンニクばら照りのニラとろろ丼』が紹介されました。

■材料(2人分)
豚ばら肉:200g
バター:大1
塩:適量
コショウ:適量
片栗粉:適量
ご飯:丼2杯
刻み海苔:適量
合わせた照り焼きだれ:大3

【照り焼きだれ】
おろしニンニク:1片
砂糖:大1
カレー粉:小1
黒酢:小1
みりん:50cc
しょう油:50cc

【ニラとろろ】
ニラ:1/3束
長イモ:150g
めんつゆ(2倍濃縮):大2
水:大2
ワサビ:適量

【トッピング】
カイワレ大根
ミョウガ
卵黄
白ゴマ
■作り方
【ニラとろろ】
1、フードプロセッサーに、ニラと長芋を適当な大きさに切ったものを入れ、細かくなるまで回す。

2、(1)に、めんつゆ、ワサビを加え、更にフードプロセッサーにかければ完成。

【ニンニクばら照り焼き】
1、豚ばら肉を一口大に切り、塩・コショウを振り、片栗粉を満遍なくまぶす。

2、フライパンに豚ばら肉を入れ、強火で焼く。

3、ニンニク照り焼きだれの材料を混ぜ合わせたものを、大さじ3ほど注ぎ、強火で30秒~1分煮詰めながらタレを絡める。

4、火を止めたところにバターを加え、余熱でバターを絡める。

5、丼にご飯とニンニクばら照り焼きとニラとろろを盛り付けたら、刻み海苔をご飯の上に敷き、卵黄、カイワレ大根、ミョウガをトッピングしたら完成です。

とろろのさっぱり感と、豚ばら照り焼きのガッツリ感両方楽しめる丼ですね。とても美味しそうでした。
関連レシピ⇒とろろ
nice!(0) 

ピビンパ

2013年5月29日の「キユーピー3分クッキング」は、『ピビンパ』が紹介されました。

■材料(4人前)
ごはん(温かいもの):茶碗4杯(600g)
にんじん:1本(150g)
もやし:1袋(200g)
絹さや:50g
ごま油:大さじ1/2
おろしにんにく:1/2かけ分
塩:小さじ2/3
すり白ごま:大さじ1
牛ひき肉:200g
しょうゆ:大さじ1+1/3
酒:大さじ1/2
砂糖:小さじ2
おろしにんにく:1かけ分
長ねぎのみじん切り:10cm分
ごま油:大さじ1
卵:4個
コチュジャン:適量
油:適量

■作り方
1、にんじんを4~5cm長さのせん切りにし、絹さやは斜めにせん切りにする。もやしはひげ根を除き、水にさらして水気をきっておく。

2、耐熱ボウルに(1)を入れてラップをし、電子レンジ(500W)に5分かけて火を通したら粗熱を取り、ザルに上げて水気をしっかりときっておく。再びボウルに入れ、ごま油、おろしにんにく、塩、すり白ごまを加えてあえる。

3、フライパンに牛ひき肉を入れ、しょうゆ、酒、砂糖、おろしにんにく、長ねぎのみじん切り、ごま油を加えて混ぜる。火にかけて菜箸3~4本で混ぜながら肉汁が無くなるまでしっかりと炒める。

4、別のフライパンに油小さじ1を熱し、卵を入れて目玉焼きを作る。

5、器にごはんを盛り、(2)、(3)と目玉焼きをのせ、コチュジャンを添えれば完成です。

ピビンパって家で作る料理って感じではありませんでしたが、意外と簡単に出来るんだな~と感心しました。今度また作ってみたいです。
nice!(0) 

アグネス・チャンの麻婆丼

2013年4月20日の「雨上がり食楽部」は、点心がテーマ。ゲストのアグネス・チャンさんが簡単に作れる『なんちゃって麻婆丼』を紹介してくれました。

■材料(2~3人前)
牛肉ミンチ:150g

【下味用調味料】
濃口醤油:大さじ1
塩胡椒:少々
片栗粉:少々
サラダ油:大さじ1

サラダ油(炒め用):適量
絹ごし豆腐:1丁
濃口醤油(調え用):大さじ1
オイスターソース:大さじ1
ごはん:適量
刻みネギ:適量
■作り方
1、牛肉ミンチに【下味用調味料】を加えて下味をつける。

2、サラダ油をひき高温に熱したフライパンで(1)を炒める。

3、絹ごし豆腐を加え、潰しながら混ぜ合わせ、濃口醤油、オイスターソースで味を調える。

4、温かいごはんにたっぷりとかけ、小口切りしたネギをトッピングして完成です。

非常に簡単に作れる麻婆丼のレシピ。
アグネス・チャンさんは芸能界でも料理上手と評判の方ですね。
これなら麻婆の素がなくても手軽に作れそうです。

nice!(0) 

中華丼 はなまるマーケット

2013年4月16日の「はなまるマーケット」は、オイスターソース特集として『中華丼』が紹介されました。

■材料(1人分)
白菜:80g
チンゲンサイ:50g
シイタケ:1枚
タケノコ:20g
エビ:2尾
豚ばら肉:40g
ご飯:1膳
鶏ガラスープ 50cc
ニンニク(みじん) 小1
トウバンジャン:小1
ショウガ(みじん) 小1
水:大1
片栗粉 大1

【合わせ調味料】
オイスターソース:大1
しょう油:大2
酢:大1
砂糖:大1
酒:大1

■作り方
1、豚ばらをスライスし、エビは殻をむいて、両方さっと茹でる。
2、白菜、シイタケ、チンゲンサイを一口大に切り、タケノコは薄切りにする。
3、サラダ油を熱したフライパンに、ニンニク、ショウガ、トウバンジャンを入れ、全ての具材を加えて軽く炒める。

4、鶏ガラスープと合わせ調味料を加えて軽く煮込んだら、仕上げに水溶き片栗粉でとろみをつける。

5、ご飯の上にかけたら完成。

家庭で作る中華丼もオイスターソースを使えばグッと味がより中華らしくなりますよね。この合わせ調味料の配分は、他のお料理にも使えるので覚えておくと良さそうです。

nice!(0) 

厚揚げトマト丼

2013年3月28日の「きょうの料理ビギナーズ」は、意外な素材の組み合わせ『厚揚げトマト丼』が紹介されました。

■材料(2人分)
厚揚げ:1枚(200g)
トマト:小1コ
青じそ:5枚
オリーブオイル:小1

【A】
しょうが(すりおろし):小1
しょうゆ:大1
酒:大1

■作り方
1、厚揚げを縦半分に切り、横7~8mmの幅に切る。トマトは8等分のくし型に切る。青じそを縦半分に切り、重ねて端から細かく刻む。

2、オリーブオイル(小1)を熱したフライパンに厚揚げを並べ入れ、中火で両面に薄く色が付くまで焼き一旦取り出す。オリーブオイル(分量外少々)を足し、トマトを炒める。薄く色づいたら厚揚げを戻し入れ、【A】を混ぜ合わせたものを加え全体を絡めるように炒める。

3、丼に盛ったご飯に(2)を乗せ、青じそを乗せれば完成です。

トマトと厚揚げって丼とはちょっと縁が無い感じの2つが合わさって結構美味しそうなんですよね。
作り方がとても簡単なので、意外と出番があるかもしれません。
関連レシピ⇒トマト 厚揚げ
nice!(0) 

おぼろ豆腐のあんかけ丼

2013年3月28日の「きょうの料理ビギナーズ」は、おぼろ豆腐を使った丼として『おぼろ豆腐のあんかけ丼』が紹介されました。

■材料
おぼろ豆腐:1丁(200g)
桜えび:3g
ぎんなん(水煮):6コ
みつば:5~6本
ご飯(温かいもの):丼2杯分

【煮汁】
だし:カップ1
薄口しょうゆ:大2
みりん:大1
酒:大1
塩:一つまみ
ショウガのしぼり汁:小1

【水溶き片栗粉】
かたくり粉:小1
水:小2

■作り方
1、鍋に湯を沸し、みつばを軸の方から入れしんなりするまで約1分茹で、冷水に取りペーパータオルで水気を取る。

※根元を輪ゴムで束ねておくとバラバラにならず扱いやすい。
2、輪ゴムを外し、3~4cmの長さに切る。

3、ぎんなんを半分に切っておく。

4、鍋に桜えびを入れ中火にかけ、鍋をゆすりながら香りが立つまで乾煎りし、一旦火を止める。粗熱が取れたら【煮汁】の材料と銀杏を加え一煮立ちさせる。水溶き片栗粉を回し入れ、混ぜながらとろみをつける。

5、スプーンでおぼろ豆腐を少しずつすくって加え、3~4分間煮る。みつばを加え火を止め丼に盛ったご飯にかければ完成です。


豆腐のあんかけとご飯は絶対合いそうですね!
しょうがのしぼり汁を入れているのでとてもサッパリと食べれそうです。
これはぜひつくりたいな~。
nice!(2) 

大根のミソ炒め丼

2013年3月26日の「きょうの料理ビギナーズ」は、金山寺味噌を使った大根の丼として『大根のミソ炒め丼』が紹介されました。

■材料(2人分)
大根:5cm(260g)
こんにゃく:1/2枚(100g)
油揚げ:1枚
ごま油:小1
金山寺みそ:大2
酒:大1+1/2

■作り方
1、大根は皮を剥き1cmの厚さに切ってから縦に3mmの短冊切りにする。こんにゃくはスプーンで一口大にちぎる。

2、鍋に湯を沸し、大根を入れ中火で6~7分下茹でする。同じ湯でこんにゃくも2~3分下茹でする。

3、フライパンを熱し、油をひかずに油揚げを入れ両面をこんがり焼き、取り出して1cm四方に切る。

4、フライパンにごま油を熱し、こんにゃく、大根の順に加え炒める。少し焦げ目がついたら油揚げを加えて炒め、金山寺みそと酒を溶いたものを加え全体にからめるように炒める。

5、ご飯を盛り(4)を乗せれば完成です。

金山寺みそを使っているのでとてもご飯が進みそうな丼レシピ。
下準備だけすれば、あとはとても簡単に出来るのでコレもいいですね。
nice!(0) 

大根の角切り丼

2013年3月26日の「きょうの料理ビギナーズ」は、大根が主役の丼ごはんとして『大根の角切り丼』が紹介されました。

■材料(2人分)
大根:5cm(260g)
しめじ:1/2パック
牛肉(薄切り):100g
オリーブオイル:小1
酒:大2
しょうゆ:小1
砂糖:小1
バター:5g

■作り方
1、大根の皮を厚めに剥き、1.5cm角に切る。しめじを長い物と短い物に分け、長い物は半分の長さに切る。牛肉は一口大に切る。

2、鍋に湯を沸し、大根を入れ竹串がスッと通る柔らかさになるまで約7~8分茹でてザルに上げておく。

3、フライパンにオリーブオイルを熱し大根を入れ少し焦げ目がつく程度まで中火で炒め、一旦取り出しておく。オリーブオイルを足し熱したら牛肉を炒め、牛肉の色が変わったらしめじを加え炒める。全体に油がまわったら炒めた大根を戻し、酒、しょうゆ、砂糖を混ぜたものを回し入れ、全体に馴染んだらバターを加えて混ぜる。

4、丼にご飯を盛り(3)を乗せれば完成です。

牛丼のタマネギが大根になった感じですね~
牛肉の旨味を大根が吸って美味しそうな丼レシピでした。
nice!(1) 

鯛のごまだれ丼

2013年3月13日の「きょうの料理ビギナーズ」は、鯛でチョッピリ豪華な丼として『鯛のごまだれ丼』が紹介されました。

■材料(2人分)
鯛(刺身用):200g
カイワレ大根:少々
ワサビ:少々

【A】
すりごま(白):大5
しょうゆ:大2
酒:大1
みりん:大1
砂糖:小1

■作り方
1、鯛を6~7mmの厚さに削ぎ切りにする。

2、ボウルに【A】を入れて混ぜ、鯛を加えこねるようにして和える。

3、丼によそったご飯に(2)を乗せ、カイワレ大根、ワサビを乗せて完成です。

さっぱりとした鯛の身に濃厚なゴマだれは相性がとても良さそうですね。
鯛を使っての丼はチョット贅沢かな~?
とても美味しそうです。
nice!(0) 

鯛みそ丼

2013年3月13日の「きょうの料理ビギナーズ」は、鯛を使ったレシピとして『鯛みそ丼』が紹介されました。

■材料(2人分)
鯛(刺身用):100g
しょうが(みじん切り):大11
絹さや:5枚
塩:少々
ご飯(温かい物):丼2杯分

【煮汁】
酒:大2
みりん:大2
しょうゆ:大1
砂糖:大1
みそ:小1

■作り方
1、魚焼きグリルに鯛をのせ、中火で両面7~8分焼いて火を通す。

2、鯛の粗熱が取れたら手で荒く身をほぐす。

3、鍋に湯を沸し、塩を加え、絹さやを1分間ほど茹でて冷水にとり、端から2~3mmの幅に切る。

4、小さな容器に【煮汁】の材料を混ぜる。

5、フライパンに④を入れ煮立て、ほぐした鯛を入れ、しょうがを加え、煮立ったら木べらなどで混ぜながら炒り煮にする。煮汁がほとんどなくなったら火を止める。

6、丼に盛ったご飯に(5)を乗せ、絹さやを乗せれば完成です。

味噌味ってご飯との相性がバッチリですよね。
さらに鯛の刺身を乗せてお茶を掛ければ鯛茶漬けにもなり2度美味しいレシピ。
結構簡単に作れ、これはご飯がすすみそうです。

関連レシピ⇒ご飯
nice!(1) 
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。