So-net無料ブログ作成
検索選択

鶏もも肉のにんにく照り焼き

2013年7月8日の「きょうの料理ビギナーズ」は、鶏の照り焼きでスタミナアップとして『鶏もも肉のにんにく照り焼き』が紹介されました。

■材料(2人分)
【タレ】
にんにく(みじん切り):2かけ
しょうゆ:大2
みりん:大2
酒:大2
水:大2
砂糖:大1/2

鶏もも肉:1枚(250g)
小麦粉:適量
サラダ油:大1

■作り方
1、ボウルに【タレ】の材料を混ぜ合わせておく。

2、鶏もも肉に小麦粉をまぶし、余分な粉を叩き落とし、鶏肉の皮目を下にしてサラダ油をひいたフライパンに入れ、火を付ける。焼き目が付くまで動かさないように気を付ける。焦げ付かないように時々ゆする程度でOK。5分程焼いてしっかり焼き目が付いたら裏返し、反対側も焼き目が付くまで2~3分焼く。鶏肉から出た脂をペーパータオルでふき取る。

3、弱火の中火にして、(1)を加え煮立たせながら煮詰める。トロリとしたらフライパンをゆすりながら肉に絡める。火を止めて2~3分おいてから取り出す。

4、皮側から包丁を入れ、食べやすい大きさに切り盛り付ければ完成です。

鶏の照り焼きが簡単に出来るレシピ。にんにく入りのタレが食欲を高めてくれそうですね。これは美味しそうでした。
関連レシピ⇒照り焼き 鶏もも肉
nice!(0) 

焼きなすのごま酢がけ

2013年7月2日の「きょうの料理ビギナーズ」は、さっぱり和食、焼いても揚げても!なすという事で『焼きなすのごま酢がけ』が紹介されました。

■材料(2人分)
なす:2~3コ
サラダ油:小1

【ごま酢】
練りごま(白):大3
だし:大1
酢:小1
薄口しょうゆ:小1/2
砂糖:小1/2

■作り方
1、なすのガクの付け根に包丁を入れ、回しながらガクを取り除く。ヘタは残しておく。竹串を刺し、サラダ油をまぶしておく。

2、焼き網を十分熱してからなすを乗せ、転がしながら皮が全体的に焦げるまで強火で2~3分焼く。焼きあがったらボウルに入れラップをし、5分ほど蒸らす。

3、手に水を付けながらなすの皮を剥く。ヘタを切り落とし、食べやすいように手で裂いて器に盛る。

4、【ごま酢】の材料をボウルで混ぜ合し、(3)に掛ければ完成です。

焼きなすと言えば、わが家ではいつもショウガ醤油などで食べてますが、ごま酢がけもいいですね~。いつもワンパターンになりがちなので、これは頂きです。

関連レシピ⇒なす
nice!(0) 

しらすのハッシュドポテト風

2013年6月11日の「きょうの料理ビギナーズ」は、しらす干しを使った『しらすのハッシュドポテト風』が紹介されました。

■材料(2人分)
じゃがいも:2コ(300g)
しらす干し:大5(30g)
オリーブオイル:大3
■作り方
1、じゃがいもの皮を剥き、水で洗って水気を拭きとり、スライサーで千切りする。

2、ボウルに(1)、しらす干しを加え手早く混ぜる。

3、(2)を直径5~6cmの円形にまとめ、オリーブオイル(大2)を中火で熱したフライパンに並べ入れる。3~4分ほど焼いたらひっくり返し、オリーブオイル(大1)をフライパンのふちに沿って回し入れ、約3分ほど焼いて、表面がかりっとすれば完成です。


切るのもスライサーで混ぜて成型して焼くだけの簡単レシピ。調味料要らずで美味しく食べれるのでお弁当にも良いかもしれませんね。
関連レシピ⇒しらす
nice!(0) 

干物のフライパン焼き

2013年6月10日の「きょうの料理ビギナーズ」は、フライパンを使った干物料理として『干物のフライパン焼き』が紹介されました。

■材料(2人分)
大根:4cm(120g)
あじの干物:2枚(260g)

作り方
1、大根をおろし器ですりおろし、目の細かいザルに上げ、軽く水気をきる。

2、フライパンにあじの皮目を上にして中火にかける。4~5分間焼き、焼き色が付いたら返す。さらに4分間焼き、皮に焼き色が付いたら焼き上がりです。

3、器に盛り、大根おろしを添えて完成です。

干物を魚焼きグリルで焼くと加減が難しいですが、フライパンなら簡単に頃合を調節できますね。今度フライパンでやってみよう。
関連レシピ⇒干物 あじ
nice!(0) 

かつおの香草パン粉焼き

2013年6月6日の「きょうの料理ビギナーズ」は、かつおを使ったレシピ『かつおの香草パン粉焼き』が紹介されました。

■材料(2人分)
かつお(刺身用/さく):200g
塩:小1/4
こしょう:少々
たまねぎ:1コ(200g)
【香草パン粉】
生パン粉:カップ1/2
パセリ(みじん切り):大3
にんにく(みじん切り):小1
チーズ:大2
塩・こしょう:各少々
オリーブ油:大3

作り方
1、カツオの水気を拭き、2cmの厚さに切り、、両面に塩・こしょうを振る。

2、縦半分に切った玉ねぎを1cm幅に切り、バラバラにならないよう楊枝で刺しておく。

3、【香草パン粉】の材料を混ぜる。

4、耐熱容器に玉ねぎを並べ、カツオを乗せ、香草パン粉を乗せオーブントースターで焼き色が付くまで10~12分間ほど焼けば完成です。


意外と簡単に結構手の込んだ感じの一品になりますね。香草パン粉は他のお料理にも応用できそうです。
関連レシピ⇒カツオ
nice!(0) 

たいの青じそ風味焼き

2013年6月5日の「きょうの料理ビギナーズ」は、鯛をピックアップ『たいの青じそ風味焼き』が紹介されました。

■材料(2人分)
たい(切り身):2切れ
梅干し(大):1コ
酒:大3
青じそ:10枚
サラダ油:大1/2

作り方
1、鯛の骨を取り除き、腹側と背側で半分に切る。

2、梅干しの種を除き、包丁で細かく叩く、ボウルに入れ、酒を加えよく溶き伸ばし、(1)を加えて混ぜる。青じその千切りを加えまぶすように混ぜる。

3、サラダ油を中火で熱したフライパンに、鯛を並べ、中火で1分焼いたら弱火にして約3分焼く。さらに返して4~5分焼けば完成です。

淡白な鯛に、梅干しと青じその風味がとてもよく合いそうな一品。これは簡単に出来ていいですね。とても美味しそうでした。
関連レシピ⇒
nice!(0) 

そうめんお好み焼き

2013年5月11日の「雨上がり食楽部」は、お好み焼きがテーマ。『パリふわ!ヘルシーそうめんお好み焼き』が紹介されました。

■材料
そうめん:1束
サラダ油:適量
豚バラ:80g
お好みソース:適量
刻みネギ:適宜
紅生姜:適宜

【A】
絹ごし豆腐:1丁
卵:1個
刻みネギ:適量
カツオ節:適量

作り方
1、ボウルに【A】を入れ、泡立て器でかき混ぜる。

2、束のままのそうめんを折りながら(1)に入れて混ぜ合わせ、帯の部分のそうめんを少し残しておく。

3、フライパンにサラダ油を熱し、豚バラ肉を炒め、(2)の生地を乗せて焼いていく。

4、残しておいたそうめんを(3)に貼り付け、ひっくり返し焼きそうめんをパリパリにする。
5、皿にお好みソースをひき、その上に(4)をそうめん側を上向きにしてのせ、刻みネギ、紅生姜をかければ完成です。

絹ごし豆腐や、そうめんを使ったお好み焼きのレシピ。これがお好み焼きかと言うとNoって言いたくなりますが、意外な食材で作った感じが面白く、味が気になります。

nice!(0) 

合挽き肉のハンバーグ

2013年5月9日の「きょうの料理ビギナーズ」は、合びき肉を使った『ハンバーグ』が紹介されました。

■材料
合挽き肉:200g
たまねぎ:1/2コ(70g)
バター:小1
生パン粉:カップ1/3
卵(S):1コ
塩:小1/3
こしょう:少々
サラダ油:少々

にんじん(小):1本
バター:小1
砂糖:小1

【ソース】
酒:大1
トマトケチャップ:大2
塩・こしょう:各少々
水:大2
ウスターソース:大1
バター:大1/2

作り方
1、玉ねぎをみじん切りし、バターを熱したフライパンに入れ中火で炒める。しんなりしたら大きめのボウルに入れて冷ます。パン粉を加えよく混ぜ、ひき肉、卵、塩、こしょうを加えさらに粘りが出るまで混ぜる。

2、手に水を付け、(1)を取り、両手でキャッチボールするように余分な空気を抜き、小判形に形を整える。

3、サラダ油を中火で熱したフライパンに(2)を並べ、焼き色が付いたら返して両面に焼き色が付いたら弱火で4~5分間蒸し焼きにする。

4、にんじんをピーラーで帯状に削り、バターを溶かしたフライパンで炒め、しんなりしてきたら砂糖を絡めておく。

5、ハンバーグに竹串を刺して透き通った汁が出たら焼き上がりなのでバットにとっておく。ハンバーグを焼いたフライパンに【ソース】を入れ弱火で煮立てよく混ぜたらソースが完成。

6、お皿にハンバーグを乗せ、ソースを掛け、にんじんを添えたら完成です。

ハンバーグは家庭でも作りやすい定番レシピですね。この作り方ならとても簡単に作ることができそうです。

関連レシピ⇒ハンバーグ 合挽き肉
nice!(0) 

ペッパーステーキ

2013年5月7日の「きょうの料理ビギナーズ」は、牛ランプ肉を使った『ペッパーステーキ』が紹介されました。

■材料(2人分)
牛ランプ肉(ステーキ用):2枚(300g)
塩:小1/2
こしょう(粒):大1
長芋:6cm
サラダ油:大1/2

【ソース】
酒:大1
水:大1
塩・こしょう:各少々
トマトケチャップ:大2
生クリーム:大2

作り方
1、牛ランプ肉に黒こしょう・塩をまぶし、サラダ油をしいたフライパンで長芋を弱めの中火で焼き、次に牛肉を中火で約2分焼き、弱めの中火で約1分焼いたら上下を返し、同じように焼いて取り出す。

2、フライパンに【ソース】の材料を入れ、混ぜながら弱火で煮立てる。

3、(1)のステーキをお皿に乗せ、(2)のソースを掛け、長芋を添えればれば完成です。

粒黒こしょうの食感とピリッとした味が魅力のステーキ。このステーキソースは他でも使えそうです。
関連レシピ⇒ステーキ 牛ランプ肉
nice!(0) 

ガーリックステーキ

2013年5月7日の「きょうの料理ビギナーズ」は、特別な日にピッタリなメニュー『ガーリックステーキ』が紹介されました。

■材料(2人分)
牛サーロイン肉(ステーキ用):2枚(400g)厚さ2cm程度
塩:小1/2
こしょう:少々
にんにく:1かけ
サラダ油:大1
クレソン:適量

作り方
1、肉の筋の部分3~4カ所に包丁の先を刺して切れ込みを入れる。両面に塩こしょうを振る。にんにくを薄切りし、サラダ油を入れたフライパンを手前に傾け、ニンニクを入れ弱火で炒め、カリカリになったらペーパータオルに取り出しておく。

2、盛り付ける時に表になる面を下にして、フライパンで牛肉を時々位置をずらしながら約1分強火で焼き、弱めの中火にして1分ほど焼く。上下を返し強火で30秒~1分、弱めの中火でさらに1分焼く。

3、お皿にステーキを乗せ、ニンニクをトッピングし、クレソンを添えれば完成です。
ステーキ肉って家庭で焼くと意外にうまく焼けなかったりしますよね。火加減を参考にしながら今度是非挑戦してみたいです。あとお肉を置いた時にフライパンの熱が下がらないよう厚めのフライパンを使うとさらに良いようです。

関連レシピ⇒ステーキ サーロイン
nice!(0) 
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。