So-net無料ブログ作成
- | 2013年01月 |2013年02月 ブログトップ
前の10件 | -

茶碗蒸し

2013年1月31日放送のNHKあさイチは、徹底マスター!茶わん蒸しと言う事で『茶碗蒸し』のレシピが紹介されました。

■材料4人分
えび(無頭):4匹
鶏ささ身:2本
生しいたけ:2枚
かまぼこ:2分の1本
みつば:3分の1ワ
卵:2コ
ゆずの皮:適量

【A】
だし:カップ2
みりん:小さじ1と2分の1
塩:小さじ4分の1
うす口しょうゆ:大さじ3分の2
■作り方
1、えびの殻をむき、背ワタを取る。鶏ささ身の筋を取り一口大に切る。しいたけの軸を取り4等分に。それぞれを湯通しし、冷水にとり水気をとる。

2、えび、鶏ささ身に、うす口しょうゆ(小さじ2分の1)を軽くまぜ、下味をつける。

3、かまぼこを1cm幅のいちょう切りに、みつばを3cmの長さに切る。

4、容器に卵を溶く。

5、別の容器に【A】を混ぜあわせ、(4)に加えよく混ぜてザルで濾す。

6、茶碗蒸しの器に、鶏肉、かまぼこ、しいたけ、えびを入れ、(5)を注ぎ泡を潰し、みつばを乗せる。

7、蒸気が上がった蒸し器に入れ、厚手の紙タオルなどをかぶせ、強火で3~4分間、弱火にして10~15分間蒸す。
※竹串で刺して、透明な液体が出れば蒸し上がり。

8、器を取り出し、ゆずの皮をあしらえば完成です。

冬はよく茶碗蒸しを作りますが、その時々で仕上がりが異なっていたりするのでとても参考になりました。
このレシピは永久保存版ですね。


nice!(0) 

鶏手羽のクッパ

2013年1月30日のMOCO'Sキッチンで、辛口で寒い冬にぴったりな『鶏手羽のクッパ』が紹介されました。

■材料
鶏手羽肉:4本
にんにく:1片
ごま油:大1/2
にんじん:1/3本
大根:1/6本
しめじ:1/2パック
長ねぎ:1本
+----------+
【A】
塩:こしょう:各少々
鶏ガラスープ:500ml
しょうゆ:大1
酒:大1
+----------+
コチュジャン:小1
粉唐辛子:適量
豆腐(木綿):1/2丁
ご飯:2人分
三つ葉:1/3束
白ごま:大1

■作り方
1、鶏手羽の骨にそって両側切り込みを入れ、にんじん、大根を短冊切り、にんにくは薄切りする。

2、フライパンにごま油を熱し、鶏手羽を両面こんがりと焼き、にんにく、にんじん、大根を入れて炒め、長ねぎの斜め切り、しめじを加えて炒め合わせ【A】を加えて強火で加熱し沸騰したら弱火にする。

3、コチュジャン、粉唐辛子を入れて混ぜ、丸ごと豆腐を鍋に入れ中で崩し、約5分程度煮る。

4、器にご飯を盛り、白ごまをふり、(3)をかけて三つ葉を散らせば完成です。

ご飯とスープを一緒に味わえるクッパはイイですよね~。
いつも外食で食べてましたが、家庭でも結構簡単に作れそうです。


nice!(0) 

ほうれん草の肉巻き

2013年1月26日放送の満天★青空レストランは、ほうれん草特集と言う事で、『ほうれん草の肉巻き』が紹介されました。

■材料(4人分)
ほうれん草:200g
牛薄切り肉:8枚
にんじん:6~7cm
長ネギ:1/2本
塩:少々
こしょう:少々
牛脂:少々

【A】
酒:大さじ1
砂糖:大さじ1
みりん:大さじ1
しょうゆ:大さじ2

■作り方
1、ほうれん草の根元部分に切れ目を入れてよく洗い、さっと茹でて冷水にとり、水気を絞って6~7cmに切る。ニンジンを棒状に切り下茹でしておく。ネギはニンジンと同じ長さに切り、縦に切れ目を入れバラバラにする。
2、ネギの外側の白い部分1枚に、ニンジン、ほうれん草を入れ筒状にする。
3、軽く塩コショウした牛肉で(2)を巻く。
4、フライパンに牛牛を溶かして、(3)を焼く。
5、火が通ったら一度取出し、油をふき取り【A】を入れ、肉巻を戻す。
6、全体にソースが絡まったら完成。

いんげんやアスパラを使って肉巻を作ることがありますが、ほうれん草やねぎと言うのも良いですね。今度うちでも作ってみたいレシピです。
nice!(0) 

ほうれん草と豚肉のしゃぶしゃぶ

2013年1月26日放送の満天★青空レストランは、ほうれん草特集と言う事で、『ほうれん草と豚肉のしゃぶしゃぶ』が紹介されました。

■材料
ほうれん草:300g(お好み量で)
豚バラ薄切り肉:400g


ポン酢
青ネギ
もみじおろし
■作り方
1、ほうれん草は根に切れ目を入れてよく洗い、6~7cmのざく切りにする。
2、ポン酢と青ネギ、もみじおろしを混ぜてタレを作る。
3、鍋に湯を沸かし、塩を入れてほうれん草と豚肉をしゃぶしゃぶする。

ほうれん草と豚肉だけで出来るのでかなりお手軽にしゃぶしゃぶか楽しめるレシピ。
ほうれん草の根に近い赤い部分がほうれん草好きにはたまりませんね!
これは使えそうです。
nice!(0) 

ほうれん草とカキのクリーム煮

2013年1月26日放送の満天★青空レストランは、ほうれん草特集と言う事で、『ほうれん草とカキのクリーム煮』が紹介されました。

■材料
ほうれん草:200g
カキ(むき身):150g
しめじ:50g
牛乳:100㏄
生クリーム:50㏄
バター:15g
塩:少々
こしょう:少々
チキンコンソメ:1/2個
小麦粉:適量

■作り方
1、ほうれん草は6~7cmくらいのざく切り、しめじの石突きを取り小房に、カキを洗い水気を拭き、薄く小麦粉をまぶす。
2、バターを熱したフライパンでカキを焼く。
3、焼き色がつきてきたら、しめじ、ほうれん草を入れてさらにに炒める。
4、しんなりしてきたら牛乳、生クリーム、チキンコンソメを加え、沸いたら塩、こしょうで味を調えて完成です。

寒い冬に持って来いのレシピ。クリームシチューより手軽にできるのでこれは良いですね。とても美味しそうでした。
nice!(0) 

あさりとじゃがいものクラムチャウダー

2013年1月24日の「きょうの料理ビギナーズ」は、うまみたっぷり!あさりのスープと言う事で牛乳仕立ての「あさりとじゃがいものクラムチャウダー」が紹介されました。

■材料2人分
バター:大2
小麦粉:大2
たまねぎ:1/4個(50g)
じゃがいも:1個(150g)
あさり(殻つき):200g
水:カップ1/2
牛乳:カップ1/2
こしょう:少々
塩:小1/2

■作り方
1、計量カップにバターを常温に戻し小麦粉を加え練り混ぜておく。
2、玉ねぎと、ジャガイモは1cm角に切る。
3、鍋にバターを入れ中火で熱し、たまねぎ、ジャガイモを入れて3分炒める。
4、鍋にあさりと水を入れ煮る。あさりが口を開けたら一旦バットに取り出す。全部取り出したら牛乳を注ぎ、煮立ちそうになったら弱火にして5分間煮る。
5、(1)を煮汁で溶かし、鍋に入れてトロミを付ける。
6、トロミが付いたらあさりを戻し、30秒ほどサッと煮て、塩・コショウで味を調えたら完成です。

あさりを使ったクラムチャウダーは、寒いこの季節にはピッタリですね。
意外と簡単に作れちゃうのでこれは結構使えそうです。

nice!(0) 

あさりのねぎ汁

2013年1月24日の「きょうの料理ビギナーズ」は、あさりを使ったスープと言う事で『あさりのねぎ汁』が紹介されました。

■材料2人分
あさり(殻付き):200g
ねぎ:1本(100g)
塩:小さじ1+1/3
ごま油:大さじ1
酒:大さじ2
こしょう:少々
■作り方
1、小さめのバットに水カップ1と塩小さじ1を入れて混ぜ、あさりを並べ新聞紙などを被せ暗くし冷蔵庫に30分以上置き砂抜きする。
2、砂抜きが終わったら、ボウルに移し水の中であさりをよくこすり合わせて洗い、水気を切る。
3、ねぎを斜め薄切りにし、鍋にごま油を入れ中火で熱し、半量のねぎ、あさりを入れ2分間炒める。
※旨味を凝縮するために水分は飛ばした方がよい。
4、塩小さじ1/3、酒を順に加えさらに炒める。
5、鍋に水2カップ注ぎ、中火で煮る。煮立ったらさらに3分煮る。
6、あさりの口が全て開いたら、残りのねぎを加え約30秒ほど煮る。器に盛り、こしょうをふって完成です。

あさりの味噌汁は時々作るのですが、このスープ仕立ても良いですね。
また今度挑戦してみたいレシピです。
nice!(0) 

ビネガースープ

2013年1月23日の「きょうの料理ビギナーズ」は、ひと工夫!定番あったかスープ③と言う事で、2品目にトマト、タマネギ、セロリを使った『ビネガースープ』が紹介されました。

■材料2人分
ソーセージ:2~3本(60g)
たまねぎ:1/2個(100g)
セロリの茎:1本分(80g)
トマト:1個(200g)
サラダ油:大1
水:カップ1+1/2
塩:小1/2
バター:大1弱(10g)
酢:小2
黒こしょう(粗挽き):少々
■作り方
1、ソーセージを2cm幅に切る。玉ねぎとセロリを1.5cmの角切り、トマトは2cmの角切りにする。
2、鍋にサラダ油を入れソーセージを入れ1分炒める、さらにタマネギ、セロリを入れ2分炒める。トマトを加えさらに2分炒める。
3、水と塩を入れ煮立ったら弱火にし、アクを取りながら7~8分煮込む。
4、バターと酢を加えて器に入れ黒こしょうをふりかけ完成です。

お酢を少し加える事でサッパリとした感じに仕上がりそうですね。また塩分を減らせ高血圧予防にも良いですね。
nice!(0) 

野菜3種のシンプルスープ

2013年1月23日の「きょうの料理ビギナーズ」は、ひと工夫!定番あったかスープ③と言う事で、トマト、たまねぎ、パプリカを使ったベーコンスープ『野菜3種のシンプルスープ』が紹介されました。

■材料2人分
ベーコン:3枚(60g)
たまねぎ:1/2個(100g)
パプリカ(赤):1/2個(80g)
トマト:1個(200g)
オリーブオイル:大1
水:カップ1+1/2
塩:小1/2
■作り方
1、ベーコンを1cm幅に切る。玉ねぎ、パプリカは1.5cm角に着る。
※同じ大きさにすることで火の通りが均一になります。
2、トマトのヘタを取り除き、2cm角に切る。
※トマトの種の周りには旨味成分が含まれているので取り除かない。
3、鍋にオリーブオイルを入れ中火で熱し、ベーコンを入れ炒める(1分間)。さらに玉ねぎ、パプリカを加え水分を飛ばすように炒める(2分間)。最後にトマトを加え2分間炒める。
4、よく炒め、トマトから出た水分が煮立ってきたら水と塩を鍋に入れ火にかけ、煮立ってきたらアクを取りながら7~8分煮込んだら完成です。

材料もシンプルで、作り方も非常に簡単ですがかなりお洒落な感じのスープに仕上がるのでこれはかなり使えますね。トマトのリコピンでダイエットや美容にも良さそうです。

nice!(0) 

三國清三シェフの「サーモンステーキ」

2013年1月23日放送のあさイチは、サーモンの美味しい時期と言う事で三國清三シェフが『サーモンステーキ 三國風』を紹介してくれました。

■材料2人分
サーモン(生):厚めの100グラム2切れ
オリーブ油:20グラム
バター:20グラム

【ソース】
マヨネーズ:140グラム
トマトケチャップ:60グラム
たまねぎ(みじん切り):20グラム
ピクルス(小口切り):10グラム
アンチョビ、ケイパー(粗みじん切り):各4グラム
レモン(搾る):3分の1コ分
パセリ(粗みじん切り):少々
■作り方
1、サーモンの皮に切れ目を入れ、塩コショウする。
2、ボウルに【ソース】の材料を入れ、ざっくりと混ぜる。
3、オリーブオイルを熱したフライパンで、サーモンの皮側を中火から弱火で約6分焼く。
4、(3)にバターを加え、溶けたバターを身に掛けながら火が通るまで前面を焼く。
5、盛り付け用の皿に(2)を敷き、(4)を盛り付け、残ったバターの泡をサーモンに掛ける。

サーモンにソースがあるだけでかなり高級感が高まるレシピです。
今日はトロワグロ風と三國風のサーモンステーキを紹介してくれましたが、私は三國風の方が好みですね。これは食べてみたい!
nice!(0) 
前の10件 | -
- |2013年01月 |2013年02月 ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。